【問題】 日本建築史に関する次の記述の中で、最も不適当なものはどれか。

  1. 薬師寺東塔(奈良県)は、本瓦葺きの三重塔であり、各重に裳階が付いた建築物である。
  2. 厳島神社社殿(広島県)は、檜皮葺きの殿堂を回廊で結び、海面に浮かんで見えるように配置した建築物である。
  3. 円覚寺舎利殿(神奈川県)は、部材が細く、屋根の反りが強い等の和様の特徴をもった建築物である。
  4. 鹿苑寺金閣(京都府)は、方形造りの舎利殿で、最上層を禅宗様、二層以下を和様とした三層の建築物である。
  5. 桂離宮(京都府)は、書院造りに茶室建築の特徴を取り入れた数寄屋造りの代表的な建築物である。

 


最端製図 学科クラブ
二級建築士学科試験の合格を独学で目指している人を応援します!
質問など疑問点は、24時間以内に解決! 費用は2万円
 お申込みはこちらから


《 正解 3 》 円覚寺舎利殿は、現存する禅宗様の建築であり、和様の建築ではありません。

 

 薬師寺 東塔

下の小さい屋根部分を裳階(もこし)と言います。
六重に見えますね。でも、三重塔ですよ。

 

 厳島神社

海の中にある鳥居が印象的ですね。
台風の被害を受けたのが、まだ記憶に残っています。

 

 円覚寺舎利殿 (国宝)

入母屋造り、杮葺き(こけらぶき)です。
こちらも裳階が付いています。

 

 桂離宮

離宮とは、皇居とは別に設けた宮殿のこと
つまり、皇族(八条宮)の別荘ですね。
桂離宮を見学するには申し込み手続きが必要ですよ。

 


 

最端製図 学科クラブ
独学で学科合格を手に入れよう!