〔問題〕建築物の各部の寸法等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 事務所ビルの事務室において、椅子に座った状態で室内の見通しをよくするためにパーティションの高さを床面から110cmとした。
  2. 幼稚園において、子ども用足洗い場については床に5%程度の勾配をとり、子ども用手洗い場についてはその高さを床面から65cmとした。
  3. 小学校において、居心地のよさや落着き感に考慮しつつ、教室の天井高さを2.7mとした。
  4. 病院の4床室の病室において、隣り合うベッドとベッドの間に幅1m以上のスペースを確保するため、その床面積を患者一人につき8㎡とした。

〔解説〕
2. 幼稚園において、子ども用足洗い場の床の勾配は、5%だとやや急で滑りやすくなります。
また、手洗い場の高さは、床面から40~50cm程度です。65cmは高すぎます。
普段利用している机やテーブルの高さは70cm位です。感覚をつかんでおいてください。

3. 基準法上、居室の天井高さは2.1m以上となっていますが、居心地のよさなどを考慮すると2.7mは妥当です。従来は、教室の天井の高さは3. 0m以上必要でした。

4. 8㎡あれば1m以上のスペースを確保することができます。
ちなみに、医療法において、病院の病室の広さは、1床あたり内法寸法で6.4㎡以上必要です。

解答2