〔問題〕
屋内階段に関する次の記述のうち、「高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準(国土交通省)」に照らして、最も不適当なものはどれか。

  1. 階段の両側の壁に手すりを設けるに当たり、その手すりの端部は、階段の上端では水平に45cm延長させ、下端では斜め部分も含めて段鼻から45cm延長させた。
  2. 階段に上下2本の手すりを設けるに当たり、その上段の手すりの高さを80cmとし、下段の手すりの高さを60cmとした。
  3. 階段の蹴上げを15cm、踏面を32cm、蹴込みを1cmとした。
  4. 階段上端部と連続する床については、視覚障がい者が段を認識できるように、段の手前5cmの位置に線状ブロックを敷設した。

〔解説〕
1.階段の手すりは、踊場部分も連続して設け、上端と下端では水平に45cm以上延長させるのが望ましいです。高さは、1段手すりとする場合は75cm~85cm程度とします。

2.階段に上下2段の手すりを設ける場合は、上の手すり高さを75~85cm程度とし、下の手すり高さは60~65cm程度とします。

3.階段の蹴上げは16cm以下、踏面は30cm以上、蹴込みは2cm以下とします。

4.階段の上端部と連続する床の部分には、段差があることを認識できるように、段の手前30cm程度の位置に警告用の点状ブロックを敷設します。また、必要に応じて足元灯を設けます。
ちなみに、点状ブロックは警告や注意喚起用、線状ブロックは進行方向の誘導用です。
解答4