建築士試験を受験する人を応援するサイト
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 二級建築士 学科試験 構造

二級建築士 学科試験 構造

構造「力のつり合い」講義ノートのサンプル

構造にも30の講義ノートがありますが、今回は力のつり合いの講義ノートです。

二級建築士 学科試験 構造2/曲げモーメント

【問題】 図のような荷重を受ける梁のA点における曲げモーメントの大きさは?

二級建築士 学科試験 構造1/力のつり合い

【問題】 P1~P4の4つの力が釣り合っているとき、P2の値は?

二級建築士 学科試験 構造 鉄骨造/細長比

次の記述は適切か不適切か。 ・圧縮材においては、細長比が大きい部材ほど、座屈の許容応力度は小さい。 ・鉄骨部材は、平板要素の幅厚比や鋼管の径厚比が大きいものほど、局部座屈を起こしやすい。

二級建築士 学科試験 構造 鉄骨造/横座屈

次の記述は適切か不適切か ・H形断面梁の設計においては、横座屈を考慮する必要がある。 ・荷重面内に対称軸を有し、かつ、弱軸まわりに曲げモーメントを受ける溝形鋼については、横座屈を考慮する必要はない。 ・H形鋼の梁の横座屈 …

PAGETOP
Copyright © 最端製図株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.