一級建築士学科試験・二級建築士学科試験に挑戦する人を応援するサイト

二級建築士製図試験 体験談

  • HOME »
  • 二級建築士製図試験 体験談

「二級建築士製図試験 体験談」  lexy

 

♪心地よいリズムを刻んで心も揺らしている。この曲はなんというのだろぅ?

鼓膜を擽るBGMに酔いしれながらランチを待っている。

さっきイイ顔の写真の免許申請手続きを済ませてきた。

手元には変換された写真付きの合格通知書がある。

苦悩と不安の表情が映し出された自身の顔は、試験

当日 の鏡を見ているようだ。

辛く長い戦いであった。某資格学校で夜な夜な詰め込んだ学科、

苦悩の連続の製図。同期が1人、また1人と離れていき遂に1人ぼっちになった。

自信も無くしモチベーションも上がらない中、引き寄せられるように最端製図の

ページにたどり着いた。

描き上げる自信はあったが、どーにもエスキースができず。気持ちばかり焦り、

それがイライラに発展、トンチンカンな一式図が出来上がり、ついに元号も

変わってしまった…。

「始めっ!」の掛け声で問題用紙を裏返す。

「透けて見えていたのと大分ちがうな!なんだぁ!こんな所に大樹があるじゃないか。」

声に出さないまでも、怒りに似た感情を抑え気味に一通り目を通した。

 

敷地幅、接道の位置、玄関の数、スロープ勾配、自動車台数、自転車台数、屋外

施設の確認から建設範囲を出し、主要室を落とし込む。おっと、バルコニーは

インナーに、欠落がないか見直し作図に入った。

 

4軒の8軒で薄線を引く。「おやっ?大樹に当たるじゃないか!」

鼓動が大きく早くなっていく。シャーペンも落ち着きがない。落ち着け自分、何

か手段があるはず。教室の酸素濃度が薄くなるほど深呼吸をしてみた。

 

最端製図の引き出しを全て開け、前期の第1課題L型総2階が薄っすら出てきた。

誰かが質問してた、入り隅の柱は通り柱か否か、うろ覚えで最初は○を付けず進めて行き、

耐力壁△を入れていくとどうにも耐震性に不安が残り、最終的に○を付け通し柱6本にした。

 

 

 

 

後日入り隅柱の件は確認し直すとやはり○は不要であった。

平面図完成、寸法線4方向従来通り、室名書くと共に室の欠落有無、

伏せ図、張りの掛け方向、補強も合わせて再確認する。

 

続いて立面方向、部分詳細箇所、断面の切断箇所方向、その他細部までもう一度

読み直し再び作図に入る。

静かで無情な時計に目をやる。

まだ2時間ある。

 

大丈夫、いつも通りやれば描ききるはず。そう言い聞かせ焦る自分を落ち

着かせる。相変わらずシャーペンはいつも通りのしなやかさは無いが少しずつ

走り始め描き終えた。

 

残り1時間、もう一度頭から問題を読み始め、事務所の応接と多機能便所

は車椅子”対応”と書いてある。

玄関框を細い線に書き直し、式台を消し、其々の床レベルを150に書き換えた。

 

間に合った!ギリギリだ。

 

残り5分、どうにも立面に違和感があり見ている。何か寂しいのと、途中書き直

した屋根が目に止まる。屋根の形状おかしいな?あれ!壁面線が 見えない!

水切りが無い……。

 

「はいそれまで!シャーペンを置いて」

椅子を引く音、製図機のケースを閉じるジッパーの音。規則正しく

回収されていく図面達。横目で見てると結構未完成がいた。

 

「難しかったかなぁ半分未完成だと助かるなぁ」と考えつつ、

頭の中は立面図の壁面線と屋根形状のことが70パーセント、トイレドア記入漏れ、

階段踊り場の線書き忘れ、耐力壁△の不足、伏せ図関連、

その他が30パーセントでパンパンだった。

一体どれくらい減点なんだろぅ。また駄目かなぁ。

 

それでも、精一杯描いた。

まさか立面図でやらかすとは思わなかった。何やってんだ俺!。

 

2チャンネルで色々嗅ぎ回るが、立面図でやらかした人はあまり居なかった。

「そーだよな」自分でも納得できた。「なんとか受かりたいなぁ?」

すっかり落胆していた。以前、従兄弟が言ってたのを思いだす。

「合格すると封書が届くからすぐわかる」…

今年はそれが来るまで確認しなくていい。

そう思い発表当日も見なかった。実際怖いのもあった。

 

翌日夕方ポストを見ると、請求書とヤフーショッピングからの荷物、そして

例の剥がすタイプのハガキがあった。

 

また来年か!泣きそうになるが現実なので、ランクを確認した。

あれ?顔写真が貼ってある。

 

時間が少しゆっくり進んでいる。素直に剥がれたがる蓋を慎重にめくった。

少し離して見ている。細かな文字だが合格の2文字がクッキリ見えた。

 

{あなたは、令和元年二級建築士試験において○○○知事により、合格と判定さ

れたので、通知します。}

 

また泣きそうになるが、喜びがそれを押さえ込み窒息しそうになった!

「やった!やっと掴んだ…。」

 

何度も何度も合格通知書を見ていた。その写真は苦悩と不安に満ちたものだ。

「免許申請書にはイイ顔で撮らなきゃなぁ」そう考えていると

自然と口角も上がっていた。

 

今日の限定ランチはサケのソテーとイタリアのカタカナを並べた塩味のパスタセットだ。

ワンプレートにサラダとパンも一切れ載っかっている。

少し贅沢させてあげた。ご褒美!

「うん!今日はまた一段と美味しく仕上がってるね!パンももっちり、

グレードアップしてるじゃん。」いつもより饒舌になって、わかりやすい自分が座っている。

 

可愛いウエイトレスはリーズンは知らない。

帰り際、「何か良い事ありました?」

「うん。限定に間に合って食べられた事が良い事だよ!」

近年で最もイイ顔で答えた。

 

長らく喉の奥に突き刺さった小骨がやっと取れ、とてもスッキリしています。

長い間、先生方には本当にお世話になりました。ありがとございました。

最端製図の益々のご発展とご繁栄、更にスタッフ皆様のご健康とご多幸を

心よりお祈りいたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 最端製図株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.